ニキビ跡にお悩みのあなたに教える!メラノCCが良い理由

ニキビ跡にお悩みのあなたに教える!メラノCCが良い理由


メラノCCはニキビ跡に良いと言われています。

なぜなら、ビタミンCが配合されているからです。

ビタミンCは、シミや色素沈着の元となるメラニン色素を抑える働きがあります。

しかも、ロート製薬は壊れやすいビタミンCを長年の研究でそのまま配合することに成功したのです。

そこで今回はメラノCCがニキビ跡に良いと言われる理由についてご説明していきます。

この記事を読んで頂ければ、メラノCCの良さを分かるのですぐにでも使ってみたくなるでしょう。

ロート製薬|メラノCCの画像

メラノCCがニキビ跡に良いと言われる理由

メラノCCはビタミンCが含まれているので、ニキビ跡に良いと言われています。

ビタミンCはメラニン色素を抑える働きがあるので、色素沈着が原因であるニキビ跡を防ぐ働きがあるのです。

それだけではなく、厚生労働省が効果効能について認めた他の成分も含まれています。(ビタミンE誘導体など)

なので、肌への効果を期待できます。

化粧品選びに役立つ!ニキビに効果のある有効成分とは化粧品選びに役立つ!ニキビに効果のある有効成分とは

メラノCCに含まれている有効成分

それでは、実際に含まれている有効成分を確認していきましょう。

こちらを確認することで、メラノCCがどのように肌にアプローチされるのかがわかります。

ビタミンC

メラノCCには活性型のビタミンC(アスコルビン酸)が含まれています。

そして、ビタミンCにはシミや色素沈着の元となる「メラニン色素」が作られるのを抑える働きがあるのです。

なので、メラニン色素の発生を抑えてニキビ跡のケアをしたい人にピッタリな商品なのです。

しかし、そんなビタミンCにも短所があります。

それは、水に溶けやすいということです。

水に溶けやすいビタミンCをそのまま化粧品に配合するとビタミンCが壊れてしまうので、本来の力を発揮できません。

そこで、メラノCCの販売元であるロート製薬はビタミンCの研究を続けた結果、ビタミンCそのものを安定させたまま化粧品に配合することに成功したのです。

ビタミンE誘導体

メラノCCには、血行促進成分としてビタミンE誘導体(トコフェロール酢酸エステル)も含まれています。

血行が良くなると、肌に栄養が行き渡り代謝が良くなるので、ターンオーバーが促進されます。

ターンオーバーとは、古くなった角質などが剥がれ落ちて新しい角質層が作られるサイクルのことです。

古くなった角質などが剥がれ落ちることが毛穴の詰まり対策となり、ニキビが出来にくくなります。

グリチルリチン酸ジカリウム

グリチルリチン酸ジカリウムは炎症を抑える働きがあります。

ニキビケア商品の多くに抗炎症成分として含まれていることが多いです。

ニキビ跡はニキビの炎症成分が残っていることが原因で赤くなります。

なので、炎症を抑える成分であるグリチルリチン酸ジカリウムが良いということなのです。

イソプロピルメチルフェノール

イソプロピルメチルフェノールは殺菌成分です。

ニキビを悪化させる原因であるアクネ菌の増殖を抑える働きがあります。

アクネ菌はほぼ全ての人の肌に存在しています。

本来であれば、悪い菌ではないのですが、皮脂や古くなった角質が毛穴に詰まるとそれを栄養にしてアクネ菌が繁殖してしまうのです。

繁殖すると、ニキビが赤く炎症を起こす原因になります。

イソプロピルメチルフェノールは、このアクネ菌の繁殖を抑えることができるので、ニキビの悪化を防ぐことができるのです。

メラノCCの特徴

メラノCCの1番の特徴は、何と言ってもその値段ですね。

美容液なのに1000円前後で購入できます。

ニキビ跡を防ぐには、毎日のスキンケアが大切なので経済的に負担になってしまうと続けにくくなってしまいます。

ですが、メラノCCは美容液にしてはお手頃です。

お手頃なので続けやすい

メラノCCは美容液なのに、1000円前後で購入できます。

お財布に優しいので、続けやすいのが嬉しいですね。

健康な肌のターンオーバーの周期は約28日です。

ということは、最低でもその期間は使い続けないとあなたに合うか合わないかがわからないということになります。

ですので、経済的に負担にならずに続けやすいかどうかという点もポイントになるのです。

肌が弱い人には向いていない

メラノCCは、4種類の有効成分が配合されていると説明しました。

アクネ菌を殺菌する成分など、刺激がある成分が含まれていることから肌が弱い人にとっては刺激になってしまう可能性があります。

敏感肌など肌が弱い人は使用を控えましょう。

化粧水の後に使う

メラノCCは化粧水の後に使用します。

一般的に基礎化粧品の順番は、水分が多く油分が少ないものから水分が少なく油分の多いものへと付けていきます。

ですので、化粧水をつけた後に使用しましょう。

顔全体へ使うとツッパってしまう人もいるので、ニキビ跡が気になる部分に付けることをおすすめします。

また、化粧水と混ぜてから使用する方法もあるようですがメーカーで推奨してるわけではないのでおすすめしません。

まとめ

ロート製薬|メラノCCの画像

 

メラノCCはニキビ跡に良いとされています。

その理由は、ビタミンCをはじめとする4種類の有効成分が配合されており、その成分が肌に対してアプローチしてくれるからです。

そして、お財布にも優しいので続けやすいのも特徴の一つです。

メラノCCは、ニキビ跡が気にならない肌へと導いてくれるでしょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください