むくみの原因は5つ!それぞれの解消法とおすすめのアイテム

むくみの原因は5つ!それぞれの解消法とおすすめのアイテム


むくみを解消するには、原因にあわせて対策を取る必要があります。

なぜなら、むくみの原因は筋力不足やホルモンバランスの乱れなど様々だからです。

例えば、普段から運動をしていない方は筋力が足りないことで血液の巡りが悪くなっているので、運動をする必要があります。

そのため、その原因をつきとめて対策をしなければいけません。

そこで今回はむくみの原因とその解消方法についてご紹介していきます。

むくみの原因は5つ

むくみが発生する原因は5つあります。

特に女性は、筋力不足や同じ姿勢を取り続けることで血行不良になっていることが多いです。

原因ごとに対策を取らないとむくみが解消されないので、ここで自分のむくみの原因を確認しておきましょう。

脚のむくみは筋力不足であることが多い

脚を始めとする下半身のむくみの多くが、筋力不足が原因であると言われています。

なぜなら、脚に流れた血液や水分はふくらはぎの筋肉がポンプとなって心臓へと戻す役割があるからです。

この筋力が弱いと、足元に血液や水分が停滞してしまいむくみの原因となるのです。

また、立ち仕事などで同じ姿勢を取り続けたり、ヒールが高い靴を履いたりすることも、むくみの原因となります。

筋肉が動かないので足元に血液や水分が溜まるからです。

そして筋力不足や同じ姿勢を取り続けることは、筋肉そのものも疲れやすくさせ、足がだるくなったり痛くなったりする場合もあります。

生理前はホルモンバランスの影響でむくみがち

生理前はホルモンバランスが崩れて女性はむくみやすくなります。

それは、黄体ホルモン(プロゲステロン)という水分を溜め込むホルモンが増えるからです。

黄体ホルモン(プロゲステロン)とは、妊娠に備えるホルモンで、妊娠が起これば分泌は続きますが、妊娠が起きなければ約2週間ほどで分泌が減少し、むくみの症状も落ち着きます。

飲み過ぎ食べ過ぎは顔のむくみの原因に

アルコールや塩分もむくみの原因となります。

塩分を過剰に摂取すると、体は塩分濃度を薄めようとして水分を溜め込みます。

そして、アルコールを飲みすぎると、血液の中のアルコール濃度が上がります。

水分で薄めようとしても、その処理が間に合わなくむくみが発生してしまうと言われています。

また、お酒の場には塩分が高いおつまみなどもあることが多いので、塩分とアルコールの相乗効果でむくみが発生しやすくなります。

水を飲まない人はむくみやすい

水分不足もむくみの原因となります。

水分が足りない場合、体は水分を溜め込もうとします。

その結果、水分が体内に溜まってむくみを引き起こすのです。

コーヒーやお茶で水分を取っているという方も注意が必要です。

カフェインが含まれている飲み物は利尿作用があるので、水分補給になっていない可能性があります。

冷え性はむくみやすい

体が冷えると血流が悪くなるので、水分の巡りも滞ってしまいます。

そうなると、本来排出されるはずだった水分が体内に溜まり、むくみの原因となります。

そして、冷え性は他の原因から誘発されている可能性もあります。

代謝の低下によるものや生理前で自律神経の働きが乱れているなどといったことです。

むくみが起こるメカニズム

むくみは、血管から余分な水分がしみ出て、皮膚の下に溜まることがで引き起こされます。

血液は動脈を通って全身へ送られて90%が静脈に戻り、10%はリンパ液となってリンパ管に運ばれます。

しかし、血流が阻害されたり塩分の取りすぎたりすると静脈やリンパ管に戻るはずの水分が皮膚の下にたまってしまいます。

これがむくみのメカニズムです。

むくみの解消方法

ここでは、既に起こってしまったむくみの解消方法についてご紹介します。

体を温める

体を温めることもむくみの解消につながります。

シャワーだけで終わらせず湯せんに浸かったり、寒い時期はカイロを貼ったりしましょう。

むくみの予防法

それでは、むくみの予防法をお伝えします。

この予防法でむくみが軽減するので、今後気にする必要もないでしょう。

脚のむくみ防止には筋肉をつける

血液は動脈を通って全身に送られて静脈へ戻ると言うお話をしましたが、下半身に送られた血液が戻るときはふくらはぎの筋肉がポンプの役割を担い、体の中心に送られてきます。

ですので、ふくらはぎの筋力を増やせば、むくみの予防に繋がるのです。

また、代謝が上がることも期待できるので、冷え性の防止にもなるでしょう。

生理前や冷え性の対策でむくみを予防

生理前症候群(PMS)や冷え性が原因で引き起こされるむくみには、その症状の対策を取った方がむくみの軽減につながることもあります。

生理前や生理中は食事や生活習慣に気をつけたり、冷え性改善のために運動や入浴を習慣にすることも良いでしょう。

また、経口避妊薬(ピル)は生理不順を改善させるだけではなく、生理痛を抑えたりイライラするなどの症状が和らいだりするなどPMSの症状が軽くなる効果もあるので、生理前にむくむ方は医師に相談してみるのも一つの手です。

食生活が乱れがちな人はカリウムを意識してとる

忙しい現代人は食生活が乱れがちです。

色々な栄養素を満遍なく取るのが理想ですが、どうしても難しい場合はカリウムを意識して取るようにしましょう。

カリウムは塩分を排出する作用があります。

バナナやアボガド、アスパラガスやキャベツなど野菜やフルーツに含まれてることが多いです。

日本の食事摂取量基準では、18歳以上の女性で1日あたり2000mgが目安量として設定されています。

カフェインが好きな人は特に注意!水分をこまめに取る

水分不足にならないように、1日1,5リットル*は取るようにしましょう。

ここで注意していただきたいのが、コーヒーや紅茶などのカフェインが含まれている飲み物は水分補給になっていない可能性があると言うことです。

カフェインには利尿作用があります。

体を冷やさないように常温の水を取るようにしましょう

*平均的な場合

むくみを解消するアイテム

むくみを解消するアイテムを使うのもいいでしょう。

足のむくみには着圧ソックス

着圧ソックスには、締め付け具合や使用シーン別など様々な種類のものが販売されています。

むくみを解消したいからと締め付けが強すぎる商品を使用したり、長時間使用したりすると血行不良を起こしてしまう可能性があります。

使用する時は長時間使用せず、お風呂上がりから寝るまでの間だけ使用する等時間を決めて使用しましょう。

寝る時に使用したい方は、必ず専用の着圧ソックスを使用しましょう。

また、循環器系の持病をお持ちの方や血行障害をお持ちの方、装着部位の神経障害などをお持ちの方、妊娠中の方は医師に相談の上、使用してください。

Dr.Scholl|メディキュット ロング

ドクターショール|メディキュット
内容量1足分
amazon価格1,910円(税込)

 

サプリ

食生活が乱れがちな人はサプリでカリウムを補いましょう。

カリウムの力

カリウムの力
内容量270粒
公式サイト価格1,700円(税込)

まとめ

むくみは原因に合わせて対策する必要があります。

しかも、日頃の習慣やホルモンバランスなどが影響してくるので、むくみ対策を続けていかなければいけません。

無理をして全部をやろうとすると続かなくなってしまいます。

ですので、一つずつ出来ることから取り入れていきましょう。

そうすれば、むくみも解消されていくはずです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください