毛穴の角栓にはブラシを使う!プロがおすすめする洗顔ブラシ10選

毛穴の角栓にはブラシを使う!プロがおすすめする洗顔ブラシ10選


洗顔ブラシを使うと毛穴の角栓が改善されます。

なぜなら、細かい部分の汚れなどを取り除くことができるからです。

毛穴の角栓は古くなった角質・皮脂・メイク汚れが原因ですが、角栓が詰まりやすい小鼻の周りなどの洗いにくい部分も洗顔ブラシなら簡単に洗えて角栓の原因から取り除いてくれます。

それだけではなく、洗顔ブラシを使うと古くなった角質が落とされて肌がワントーン明るくなったり、スキンケアの角質層への浸透率が上がったりと肌に嬉しい効果が期待できるのです。

そこで今回は毛穴ブラシの効果と角栓が改善されるおすすめの毛穴ブラシについてご紹介します。

洗顔ブラシが与える3つのメリット

洗顔ブラシを使用すると、3つの効果が得られます。

  • 細かい部分の汚れを洗える
  • スキンケアの浸透率が上がる
  • 肌のトーンが明るくなる

洗顔ブラシを使用せず手で洗顔した場合でも正しい方法で洗顔すれば、上記の3つの効果を得られます。

しかし、丁寧に洗顔する時間が取れなかったり上手に洗顔料を泡立てられなかったりすると、逆に肌へのダメージとなって毛穴の角栓が悪化する原因となるのです。

洗顔ブラシをを使用すれば、手で洗顔するよりも上手に洗顔できます。

3つの効果の根拠について、説明するので確認しておきましょう。

細かい部分の汚れを洗える

洗顔ブラシは、細かい部分の汚れまで洗えます。

毛穴詰まり解消のイラスト

毛穴の凹凸や小鼻の周りなど毛穴の角栓ができやすい部分は、手で洗顔するだけでは洗いにくいです。

洗顔ブラシを使えばブラシの1本1本が細かいところまで入り込んで、毛穴の角栓の原因である皮脂古い角質を落としてくれます。

化粧水や美容液の浸透率が上がる

洗顔ブラシを使用して汚れを取り除けば、化粧水や美容液の角質層への浸透率が上がります。

細かい部分まで洗える洗顔ブラシは手だけでは取り除けない汚れまで落としてくれるので、スキンケアの効果を実感しやすくなるわけです。

肌に汚れが付着したままだと、丁寧にスキンケアしても角質層へうるおい美容成分が行き届きません。

角質層のうるおいが不足すると、皮脂が過剰に分泌されたり肌の再生力(ターンオーバー)が乱れて古くなった角質が毛穴に詰まったりして角栓の原因になります。

毛穴レスな肌を目指すには、スキンケアが角質層へ浸透するような土台作りが重要です。

洗顔ブラシはその役割も担っています。

肌のトーンが明るくなる

洗顔ブラシは古くなった角質も落としてくれるので、肌のトーンを明るくします。

蓄積した古い角質は毛穴の角栓やくすみの原因です。

古くなった角質を取り除くことで肌の再生力(ターンオーバー)を促して、キメも整います。

キメ細かい肌は毛穴を目立たなくするので、より毛穴が目立ちにくくなります。

毛穴の角栓を改善する洗顔ブラシの選び方

洗顔ブラシが毛穴の角栓を改善に効果的である理由がわかりましたが、洗顔ブラシであれば何でも良いということではありません。

洗顔ブラシの選び方を間違えると刺激が強く肌へのダメージとなり、角栓が増えたり大きくしたりする原因になります。

そうならないために、ここでは洗顔ブラシの選び方について説明します。

毛質が柔らかく細いタイプを選ぶ

毛質が柔らかく細い洗顔ブラシは肌の刺激になりにくいです。

ブラシの毛が硬かったり太かったりすると、摩擦が生じて肌を傷める原因になります。

お手入れが簡単なシリコンタイプを選ぶ

シリコンタイプの洗顔ブラシはお手入れが簡単です。

常に清潔を保てるので、雑菌繁殖したり肌に移ったりする心配がありません。

また刺激が強いと思われがちですが、意外にも刺激にならず優しく洗い上げてくれます。

毛穴の角栓におすすめの洗顔ブラシ

ここからは毛穴の角栓におすすめの洗顔ブラシについてご紹介していきます。

ご紹介する洗顔ブラシは、毛質が柔らかく細いタイプの洗顔ブラシとお手入れが簡単なシリコンタイプの洗顔ブラシです。

毛穴の角栓を改善する洗顔ブラシの選び方で説明した方法で摩擦が起きにくい洗顔ブラシを厳選しました。

毛穴の角栓に悩んでいるのであれば、ここでご紹介する洗顔ブラシから選んでみてください。

手動タイプの洗顔ブラシ

手動タイプの洗顔ブラシは、毛質が柔らかく極細毛である商品を選びました。

また、毛がへたりやすい洗顔ブラシだと汚れを落としきれなかったり価格が安くてもコストパフォーマンスが悪かったりします。

こちらで紹介する手動タイプの洗顔ブラシはへたりにくいことも特徴です。

ディオール|プレステージ ル パンソー

ディオール|プレステージ ル パンソーの画像

人工毛ながらリッチな肌触りが特徴の洗顔ブラシです。

ブラシの毛は毛穴よりも細い繊維で、洗顔料を泡立てるときも簡単に泡立てられます。

高密度に配置された植毛とマッサージしやすい平らな形状で洗いやすいのも特徴です。

手動タイプの洗顔ブラシにしては高価格ですが、へたりにくく毛も抜けにくいのでお手入れ次第で長期間使用できます。

上品な見た目も人気の一つです。

@cosme価格5,500円(税込)

SHISEIDO|クレンジング マッサージブラシ

資生堂|クレンジングマッサージブラシの画像

毛質が柔らかく洗顔料の泡立ちを助けてくれる洗顔ブラシです。

肌を労わりながらマッサージもしてくれるので、リラックスしながら洗顔できます。

手では洗いにくい細かな部分も洗いやすく、スッキリとした洗い上がりです。

公式サイト価格2,200円(税込)

ラッキーウィンク|モアソフト 洗顔ブラシ

ラッキーウィンク|モアソフト 毛穴ブラシの画像

極細で高密集な突起形状のブラシがフィットして小回りが利く洗顔ブラシです。

細部まで洗いやすく、汚れをしっかりかき出します。

特に小鼻周りを中心にケアしたい人におすすめです。

amazon価格880円(税込)

ALTY|スキンケア洗顔ブラシ

アルティ|スキンケア洗顔ブラシの画像

極細の柔らかい毛で優しく洗い上げてくれる洗顔ブラシです。

肌に馴染みやすく、軽く撫でるだけで毛穴の汚れを書き出してツルツルな素肌にしてくれます。

その毛の太さは髪の毛より細い50ミクロンで、その数はなんと約29万本です。

刷毛職人の技を使用しているので、毛が抜けにくいのに滑らかな肌触りを実現しました。

へたりにくいので長く使用できます。

amazon価格4,104円(税込)

SHAQUDA(シャクダ)|スーヴェ フェイスクレンジングブラシ

スーヴェ|フェイスクレンジングブラシの画像

最高級の山羊毛を使用した熊野筆の洗顔ブラシです。

山羊毛の中でも高価な胸元にある上質で柔らかい素材の粗光峰を使用しています。

肌触りがよくきめ細かい泡立ちで美しい肌作りをサポートし、ソフトな洗い上がりを実現しました。

楽天価格7,150円(税込)

電動タイプの洗顔ブラシ

電動タイプの洗顔ブラシは、低刺激であるかどうかが重要です。

優しく洗顔しているつもりでも洗顔ブラシそのものが強い振動レベルだと、知らず識らずのうちに肌を傷めてしまいます。

こちらで紹介する電動タイプの洗顔ブラシは低刺激ながら、しっかり汚れを落としてくれる洗顔ブラシです。

ヤーマン|FOREO LUNA mini2

フォレオ|フォレオ ルナ ミニ2の画像

柔らかいシリコーン製の電動洗顔ブラシです。

8段階の強度から肌の状態に合わせて振動レベルを選べます。

その見た目から肌へのダメージを心配する人も多いですが、意外と優しい使い心地で洗い上がりの素肌もツルツルです。

amazon価格13,000円(税込)

ReFa|ReFa CLEAR

リファ|リファ クリアの画像

ブラシに熊野筆を使用したReFAの電動洗顔ブラシは、肌への負担を減らしながら洗い上げてくれます。

ブラシの形状は毛穴の大きさや肌の形状を徹底して考えられており、イオンの効果も相まって毛穴の中から洗浄。

汚れが再付着するのも防いでくれる優れものです。

楽天価格27,280円(税込)

ココロメイク(COCOROMAKE)|電動ツインクレンジングブラシ MS-CM01W

ココロメイク|電動ツインクレンジングブラシ MS-CM01Wの画像

二つのブラシヘッドが特徴の電動洗顔ブラシです。

それぞれのブラシが別方向に回転してくれるので、毛穴の汚れや角質を綺麗に取り除きます。

洗顔と同時に、リフトアップマッサージをしてくれるのも魅力です。

@cosme価格9,328円(税込)

フィリップス(Philips)|ビザピュア ミニ BSC111/06

フィリップス|ビザピュアミニの画像

フィリップスの電動洗顔ブラシは、メイクの落ちが手で洗顔した時よりも6倍も高い洗浄効果を発揮します。

高い洗浄力ですが、シルクのような肌触りの柔らかい極細毛を使用しているので肌への刺激も少なく1日2回使用しても肌を傷めません。

コンパクトなデザインでお手入れもしやすいようにヘッドの先はナイロン素材を採用しています。

別売りのブラシヘッドにも対応しているので肌タイプに合わせて交換できるのも魅力的です。

amazon価格6,754円(税込)

Panasonic 濃密泡エステ EH-SC67

パナソニック|濃密泡エステ EH-SC67の画像

1分間に約1000回転もする電動洗顔ブラシです。

5秒で作れるクリーミーな濃密泡で皮脂などの汚れを取り除き、高速タッピングローラーの刺激でマッサージしながら洗顔できます。

小鼻周りのケアやフェイスラインをしっかりさせたいなど、目的別にヘッドブラシを交換できるのも特徴です。

amazon価格13,927円(税込)

毛穴の角栓を改善するには洗顔ブラシの使い方が大切

毛穴の角栓を改善するには、洗顔ブラシの使い方が大切になります。

なぜなら間違った洗顔ブラシの使い方をすると、肌を傷めるからです。

例えば洗顔ブラシを濡らさずに使用すると、摩擦が起こりやすいので肌の刺激となります。

肌への刺激は毛穴の角栓が悪化するだけではなく、肌荒れなどのトラブルを引き起こすのです。

このように毛穴の角栓を改善には、正しい洗顔ブラシの使い方が重要と言えるわけです。

洗顔ブラシの使い方が大切な理由

毛穴の角栓を改善に洗顔ブラシの使い方が大切といえます。

その理由は間違った使い方をすると摩擦が生じて肌を傷めるからです。

肌に摩擦が生じると、肌の表面にある角質が剥がれて肌のバリア機能が低下します。

バリア機能とは、乾燥などの外部刺激から肌を守る役割のことです。

バリア機能のイラスト

バリア機能が低下することで、刺激に弱く荒れやすい敏感肌になり赤みやニキビなどの肌トラブルを引き起こします。

また肌に摩擦が生じると、メラニンが作られてシミができる原因となります。

メラノサイトが刺激されることで、摩擦から細胞を守ろうとしてメラニンを増やします。

これがシミやくすみの原因となります。

洗顔ブラシの正しい使い方

ここでは正しい洗顔ブラシの使い方をご紹介します。

正しく洗顔ブラシを使用することで、洗顔ブラシの効果発揮されます。

毛穴レスな肌になるために一度確認してみてください。

STEP.1
クレンジング
メイクをしている場合は、クレンジングでメイクを落としてください。
特にポイントメイクは洗顔ブラシを汚す原因となり、お手入れが大変になります。
汚れを放置すると雑菌が繁殖するので気をつけましょう。
STEP.2
洗顔ブラシを濡らす
洗顔ブラシを濡らさず使用すると、摩擦が生じやすく肌を傷める原因になります。
STEP.3
顔を予洗いする
顔を予洗いすることで汚れが落ち、ブラシと肌の摩擦を減らせます。
STEP.4
洗顔料を泡立てる
洗顔ネットを使用して泡立てるのがベストですが、洗顔ブラシを使用して泡立てても良いです。
泡を逆さにしても落ちない固さまで泡立てます。
泡が少ないと摩擦が発生して刺激が強くなるので多めに泡立ててください。
STEP.5
洗顔料を顔にのせる
泡立てた洗顔料を額・両頬・鼻・顎の5点にのせます。
STEP.6
洗顔ブラシを使用する
顔全体に泡を滑らせるように洗顔します。
ブラシの毛を強く押し付けず、肌とブラシが垂直になるように当ててください。
STEP.7
すすぐ
32度程度のぬる湯まで最低30回はすすぎます。
すすぎ終わったら、清潔なタオルで水分を抑えるように拭いてください。

間違った使い方

洗顔ブラシの使い方を間違えると、肌トラブルが起きやすくなります。

特に摩擦を生じないように優しく使わなければなりません。

気をつけるべきポイントが3つあるので、確認して起きましょう。

濡らさないで使用する

洗顔ブラシを濡らさないで使用すると、摩擦が起きやすくなり肌を傷める原因になります。

水に濡らすことでブラシが滑りやすくなるので、摩擦が生じにくくなり肌へのダメージも低減されるわけです。

少しの手間ですが、このひと手間で変わります。

必ず洗顔ブラシを濡らしてから使用してください。

長時間使用する

毛穴の角栓を無くしたい一心で洗顔ブラシを長時間使用してはいけません。

長時間使用することで必要以上の皮脂が洗い流されて肌が乾燥します。

肌が乾燥すると皮脂が過剰に分泌されて角栓や黒ずみの原因になるので気をつけましょう。

使用時間は長くても1分程度が目安です。

お手入れをしない

洗顔ブラシのお手入れをしないと、雑菌が繁殖します。

雑菌が繁殖した洗顔ブラシを使用すると、肌に雑菌が移りニキビが悪化したり肌が荒れたりします。

お手入れといっても基本的に洗顔ブラシを使用した後に洗って乾燥させるだけです。

使用頻度に応じて洗顔ブラシを専用のクレンザーで洗ったり交換したりしましょう。

洗顔ブラシ以外で毛穴の角栓を取り除く方法

毛穴の角栓を無理に除去することはおすすめできません。

角栓と一緒に周囲の皮膚が引っ張られて肌へのダメージとなり、色素沈着やシミができたり毛穴が広がったりします。

しかし毛穴の角栓をどうしても除去したい人は、こちらでご紹介する方法でケアをしてみてください。

お手入れするときは、摩擦が生じないように優しくケアすることを忘れないようにしましょう。

綿棒とオイルを使用する

角栓は皮脂が混ざっているのでオイルとなじみやすいです。

オイルを染み込ませた綿棒で気になる部分をなじませるだけで角栓が取れやすくなります。

STEP.1
毛穴を開かせる
蒸しタオルやスチーマーで毛穴を開かせることで、角栓が取れやすくなります。
STEP.2
オイルを綿棒になじませる
ベビーオイルやオリーブオイル、ホホバオイルなど無添加のオイルがおすすめです。
STEP.3
マッサージ
オイルをなじませた綿棒で気になる部分をマッサージします。
力を入れずにくるくると優しく転がすようになじませるのがポイントです。
オイルが乾いてきたら足しながらマッサージをしましょう。
STEP.4
洗顔
ティッシュで軽くオフしてから洗顔してください。
すすぎ終わったら冷水で引き締めることで毛穴が引き締まります。
保湿も忘れないようにしましょう。

パックで取り除く

パックで角栓を取り除く方法もあります。

剥がすタイプのパックは肌を傷めるのでおすすめしません。

泥パック溶かすタイプのパックを選びましょう。

CNP|Anti-pore black head clear kit 10SET

CNP|アンチポア ブラック ヘッド クリアの画像

内容量10回分
公式サイト価格2,200円(税込)

そもそも毛穴の角栓を予防することが重要

洗顔ブラシやスキンケアをご紹介してきましたが、毛穴の角栓を改善する最善の方法は角栓を予防することです。

残念ですが、角栓は除去しても5日程度で作られてしまいます。

角栓ができてから対策をするだけでは、角栓はなくならないわけです。

古くなった角質や皮脂などの汚れを洗い流すために洗顔は大切ですが、それ以外に保湿インナーケアが重要と言えます。

その理由を一つずつ説明します。

保湿

毛穴の角栓を予防するには、保湿が重要です。

保湿をすることで肌のバリア機能を高め、肌の再生力(ターンオーバー)を正常に整えます。

肌のバリア機能が低下すると外部刺激の影響を受けやすくなり水分が奪われるので、皮脂が過剰に分泌されます。

また肌の再生力(ターンオーバー)が乱れると、古くなった角質が蓄積して毛穴が詰まる原因となるのです。

ターンオーバー のイラスト

保湿を徹底することで、肌の水分量が保たれて角栓を防止することに繋がります。

毛穴の角栓は保湿で良くなる!その理由と化粧品の選び方毛穴の角栓は保湿で良くなる!その理由と化粧品の選び方 毛穴の角栓にはセラミド!角栓にセラミドが良い理由とおすすめの商品毛穴の角栓にはセラミド!角栓にセラミドが良い理由とおすすめの商品

インナーケア

角栓を予防するにはスキンケアだけではなく、インナーケアも大切です。

基本的にスキンケアは肌の表面にある角質層にしか浸透しません。

肌の中から綺麗になるには、質の良い睡眠と栄養バランスが良い食事が大切です。

しかし仕事やプライベートで忙しいと、規則正しい生活習慣を続けることはできません。

そういう人はサプリメントで必要な栄養を摂取することをおすすめします。

毛穴の角栓の予防に効果が期待できる栄養素は次の通りです。

栄養素効果
ビタミンA肌のターンオーバーを正常に保つ
ビタミンB2・ビタミンB6皮脂の過剰分泌を抑える
ビタミンCコラーゲン・エラスチンの生成をサポート
ビタミンE抗酸化作用

この栄養素をサプリメントで摂取するなら、マルチビタミンがおすすめです。

特にネイチャーメードのマルチビタミンは1日1粒で必要な量を摂取できます。

NATURE MADE(ネイチャーメード)|マルチビタミン

NatureMade|マルチビタミンの画像

まとめ

洗顔ブラシを使うことで3つのメリットがあります。

  • 細かい部分の汚れを洗える
  • スキンケアの浸透率が上がる
  • 肌のトーンが明るくなる

この3つのメリットは毛穴の角栓を改善させる重要なポイントです。

細かい部分の汚れを洗うことで、毛穴の角栓の原因である古くなった角質皮脂メイク汚れまで洗い落とします。

さらにくすみの原因である古い角質が落とされて肌のトーンが明るくなったり、角質層へのスキンケアの浸透率が上がったりします。

そんなメリットを持つ洗顔ブラシですが、毛質が柔らかく細いタイプかお手入れが簡単なシリコンタイプを選びましょう。

肌への負担が少ないなのに、細かい汚れまで洗い落としてくれます。

沢山ありすぎて何を選べば良いかわからない人は、ご紹介した洗顔ブラシから見つけてみてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください