みんなから羨ましがられる!実はシンプルな肌荒れ予防法

みんなから羨ましがられる!実はシンプルな肌荒れ予防法


肌荒れはスキンケアと生活習慣で予防できます。

なぜなら、肌荒れの原因は日々のスキンケアと生活習慣の改善できる予防できるものがほとんどどだからです。

例えば、肌が乾燥してしまうと水分量と油分量のバランスが崩れてバリア機能が低下します。

その結果、かゆみやカサつきの原因となってしまいます。

しかし、毎日あなたの肌にあったスキンケアを行い保湿をしていれば回避できたかもしれません。

そして、肌が荒れてしまってから治すのと肌が荒れないように予防するのとでは、肌荒れを予防する方が簡単なのです。

そこで今回は肌荒れの予防法についてご説明します。

おすすめの商品もご紹介しているので、参考にしてみてください。

肌荒れの原因はバリア機能の低下

肌荒れが引き起こされる原因は、バリア機能の低下です。

バリア機能とは、肌の表面にある角質層が外部刺激から肌を守る働きのことをいいます。

角質層がバリア機能の働きを十分に発揮するには、角質層が潤っていることが必要不可欠です。

バリア機能のイラスト

なぜなら、潤いが不足していると角質層に隙間ができてしまうので、水分が蒸発しやすくなったり外部からの刺激を受けやすくなったりする からです。

ですので、保湿成分が足りていないとバリア機能が低下してしまいます。

肌荒れの原因は7つ!治し方と予防法肌荒れの原因は7つ!治し方と予防法

肌荒れの予防にはスキンケアと生活習慣

肌荒れは、毎日のスキンケア生活習慣を見直すことで予防できます。

なぜなら、肌荒れの原因であるバリア機能の低下はスキンケアと生活習慣を見直すことで防げるからです。

バリア機能の低下をもたらすものは、毎日の生活の中に潜んでいます。

  • 乾燥
  • ホルモンバランスの乱れ
  • 紫外線
  • ストレス
  • 睡眠不足
  • 暴飲暴食

例えば、肌が乾燥する人は保湿成分が含まれている基礎化粧品を使うと乾燥を防ぐことができます。

また、肌荒れの原因にもなる便秘は食生活を気をつけれることで解消され、肌荒れの予防になります。

このように、スキンケアや生活習慣を気をつけることで、肌荒れを予防することができるのです。

肌荒れを予防できる6つの方法

ここでは、肌荒れの予防法について具体的にご説明していきます。

これからご紹介する方法を確認して実際に気をつけていただければ、肌荒れに悩むことはなくなるでしょう。

スキンケア

丁寧にスキンケアをすると乾燥を防ぐことができるので肌荒れの予防になります。

保湿をすることで、角質層の潤いが満たされるからです。

クレンジングと洗顔で汚れを落としたら、化粧水と乳液でしっかりと保湿をします。

乾燥する冬はもちろんですが、夏もエアコンの影響で肌が乾燥しているので、しっかり保湿をするようにしましょう。

また、朝のスキンケアの時には日焼け止めを使用して紫外線対策をする必要があります。

紫外線は肌荒れだけではなく、シミやしわの原因にもなりますので、外出する時は日焼け止めを忘れずに塗りましょう。

誰も教えてくれないスキンケア方法の真実!スキンケアアイテム6選誰も教えてくれないスキンケア方法の真実!スキンケアアイテム6選化粧水マニアが教える化粧水の付け方!コットンが効果的な理由化粧水マニアが教える化粧水の付け方!コットンが効果的な理由

ビタミンを摂取する

ビタミンを摂取することも肌荒れの予防につながります。

特に摂取したいビタミンは、ビタミンB群ビタミンCです。

ビタミンB群は、タンパク質や脂質、糖質の代謝を促進し肌のターンオーバーを助けます。

ビタミンCは抗酸化作用やコラーゲンの生成など、美肌に欠かせません。

食事で摂取することが理想ですが、日々の食事だけで補うのは難しい人はビタミン剤やサプリメントを活用しましょう。

ビタミンはニキビに効くの?誰も知らないニキビとビタミンの関係ビタミンはニキビに効くの?誰も知らないニキビとビタミンの関係

腸内環境を整える

腸内環境を整えることも肌荒れの予防には大切です。

そのためには、善玉菌を増やす必要があります。

善玉菌を増やすには、お味噌汁などの発酵食品を使用した食事やヨーグルトなどの乳酸菌が含まれている物を毎日取ると良いでしょう。

そもそも、なぜ腸内環境を整える必要があるかというと、肌と腸内環境は密接に関係しているからです。

便秘などで腸内環境が悪化してしまうと有害物質を発生させる悪玉菌が増加します。

なんと、その有害物質は腸内から吸収され、血液と一緒に全身へ運ばれるのです。

全身へ運ばれた有害物質は、肌に蓄積してしまいます。

それが、ニキビなどの肌荒れの原因になるのです。

ですので、腸内環境を整えることが肌荒れの予防につながるのです。

その肌荒れ便秘のせいじゃない?便秘と肌荒れの関係性と対処法その肌荒れ便秘のせいじゃない?便秘と肌荒れの関係性と対処法

ストレス発散する

ストレスを発散しましょう。

過度なストレスは肌荒れの大敵です。

アロマを焚いてリラックスしたり、運動をして汗を流したりあなたに合った方法でストレスを発散しましょう。

ストレスを受けると、自律神経が乱れて交感神経と副交感神経のバランスが崩れます。

それが血行不良を引き起こして肌荒れをを引き起こすのです。

また、ストレスを受けると活性酸素が発生し、血管や細胞を傷つけ、老化の原因になります。

それが、免疫力の低下を引き起こすので肌の再生力が落ちてしまい、肌荒れを引き起こすのです。

ですので、ストレスを発散することが肌荒れの予防の近道です。

定期的にストレスを発散していきましょう。

美肌の大敵!ストレスから解放されて肌荒れを改善する方法美肌の大敵!ストレスから解放されて肌荒れを改善する方法血行不良が肌荒れの原因に!そのメカニズムと解消法血行不良が肌荒れの原因に!そのメカニズムと解消法

最低でも6時間は睡眠をとる

最低でも6時間は睡眠を取るようにしましょう。

睡眠中は成長ホルモンが分泌され、美肌には欠かせないホルモンです。

成長ホルモンは、肌の細胞分裂と再生を促進させます。(肌のターンオーバー)

しかし、睡眠不足で成長ホルモンの分泌が低下してしまうと、ターンオーバーが乱れるので肌が生まれ変わりません。

ですので、十分な睡眠をとることで成長ホルモンの分泌を促すことが必要なのです。

眠れない方は、疲労に効果があると言われているパントテン酸を摂取したり、寝る前にスマートフォンを控えたりしましょう。

睡眠不足による肌荒れ対策!美容に良い睡眠のとり方も睡眠不足による肌荒れ対策!美容に良い睡眠のとり方も

生理前は大豆製品を食べる

生理前に肌荒れを起こす人は、大豆が含まれた食品をとることも良いでしょう。

なぜ大豆製品が良いのかというと、大豆にはイソフラボンが含まれており、エストロゲン(卵胞ホルモン)に似ている働きがあるからです。

生理前は、肌荒れの原因となるプロゲステロン(黄体ホルモン)がエストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌量を上回るので、ホルモンバランスが崩れます。

その結果、皮脂の分泌量が増えるのでニキビなどの肌荒れを引き起こすのです。

しかし、大豆製品を摂取することで、大豆に含まれているイソフラボンがエストロゲン(卵胞ホルモン)に似た働きをします。

その結果、皮脂の分泌が抑えられるので肌荒れの予防になるのです。

おすすめの商品

ここでは肌荒れの予防におすすめの商品をご紹介します。

肌荒れの予防はしたいけど、何を選べばいいのかわからないという人はこちらを参考にしてみてください。

スキンケアは保湿重視で選ぶ

肌荒れしやすい肌は、バリア機能が低下いるため乾燥しています。

ですので、保湿重視で低刺激なものを選びましょう。

DECENCIA|アヤナス トライアルセット

ディセンシア|アヤナス トライアルセットの画像

乾燥して敏感になった肌に潤いを与え、バリア機能の働きを高めてくれる化粧品です。

ナノ化したセラミドが徹底保湿してくれるので、潤いをキープできます。

様々なメディアで多数受賞歴があり、敏感肌の人でも使えるようにアルコールや紫外線吸収剤、合成香料も不使用にこだわっているのも嬉しいですね。

ポーラとオルビスグループから生まれたブランドなので、信頼して使用できます。

乾燥しがちな大人の肌が見違えるような美肌になるでしょう。

内容量
  • アヤナス ローション コンセントレート:20mL
  • アヤナス エッセンス コンセントレート:10g
  • アヤナス クリーム コンセントレート:9g
  • アヤナス リンクルO/L コンセントレート :1包
公式サイト価格初回980円(税込)

ORBIS|薬用ニキビ対策スターターセット

ORBIS|薬用ニキビ対策スターターセットの画像

洗顔料、化粧水、保湿液がセットになったトライアルセットです。

このセットを使用すれば、ニキビと乾燥をまとめて予防できます。

生理前はホルモンバランスの影響でニキビができやすいです。

そんな周期ニキビのケアをするために、オルビスが25年の研究を重ねて作り出した薬用化粧品です。

肌のコンディションを整える紫根エキスや、肌荒れやニキビを防ぐ甘草エキスなどが配合されています。

トライアルセットなので、お手頃で始めやすいのも嬉しいです。

内容量
  • ウォッシュ:20g
  • ローション:40mL
  • モイスチャー:14g
公式サイト価格980円(税込)

b.glen|乾燥・保湿ケア トライアルセット

ビーグレン|保湿プログラムトライアルの画像

乾燥肌の保湿について徹底的に考えて作られた化粧品なので、この製品を使用すると潤いのある肌に導いてくれます。

バリア機能を低下させないために、保湿成分であるセラミドとその働きを助けるビタミンC誘導体が配合されているので潤いが持続。

さらに、ビーグレンの独自技術であるQuSome®︎を使用しているので角質層の隅々まで成分を行き届かせます。

使用して初めて驚きを実感できる、そんな化粧品です。

内容量
  • クレイウォッシュ:15g
  • QuSomeローション:20m
  • Cセラム:5mL
  • QuSomeモイスチャーリッチクリーム:7g
公式サイト価格1,980円(税込)

サプリメント

Nature Made|マルチビタミン

NatureMade|マルチビタミンの画像

12種類のビタミンが入っていて、忙しい人にも手軽に1日分のビタミンが摂取できます。

しかも、1日1粒の摂取なので面倒な人でも簡単に続けられるのも嬉しいです。

ネイチャーメイドは大塚製薬が日本に導入し、製薬会社ならではの厳しい品質管理のもとで作られています。

香料、着色料、保存料を使用していない無添加で高品質なサプリメントです。

妊娠中や妊娠を希望される人は医師の指示のもと使用しましょう。

内容量100粒
amazon価格1,206円(税込)

Nature Made |大豆イソフラボン

NatureMade|大豆イソフラボンの画像

生理前は特に気をつけて摂取したい大豆イソフラボン。

これを飲むことで、大豆イソフラボンがエストロゲン(卵胞ホルモン)に似た働きをして過ごしやすくなります。

実は、国が推奨している1日あたりの大豆摂取量の約半分しか摂取できていないというデータもあることから、忙しい現代人には足りていない成分なのです。

大豆イソフラボンを摂取して、美しくなりましょう。

内容量60粒
amazon価格1,282円(税込)

肌荒れが起きてしまった場合のメイク

スキンケアや生活習慣に気をつけていても、どうしても肌が荒れてしまうこともあります。

そんな時のために、肌荒れがしているときのベースメイクについてご紹介いします。

コントロールカラーを使用する

肌荒れを目立たなくするためには、コントロールカラーを使用します。

コントロールカラーは、様々の色があり、その色で肌トラブルを補正するものです。

化粧下地を顔に塗った後、肌荒れを隠したい部分にコントロールカラーを使用するのが一般的です。

コントロールカラーは、隠したい肌トラブルの反対色を選びます。

カラーサークルの図

しみ・色素沈着など黄色・ベージュ系
くすみピンク系
赤みがかったニキビ・ニキビ跡グリーン系

肌トラブルに適した色を選んで、上手に肌荒れを隠しましょう。

ベースメイクは薬用化粧品を選ぶ

肌荒れしている時は、薬用化粧品を選びます。

なぜなら、肌荒れをしている時はバリア機能が低下しているので敏感になっているからです。

薬用化粧品と書かれている化粧下地やファンデーションは、有効成分が含まれています。

肌荒れのケアをしながら、肌荒れもカバーできるのでおすすめです。

また、低刺激処方のベースメイク商品も良いでしょう。

まとめ

肌荒れはスキンケア生活習慣で予防できることがわかりました。

それは、肌荒れの原因であるバリア機能の低下はスキンケアと生活習慣で防ぐことができるからです。

肌荒れが起きてしまうと治すのは大変です。

なので、毎日のスキンケアと生活習慣に気をつけて予防していくことが必要になります。

しかし、気をつけていても肌が荒れてしまうこともあるでしょう。

そんな時は、コントロールカラーで肌トラブルを隠しながら薬用のベースメイクを選んで肌荒れを隠しながらスキンケアをしましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください